看護部紹介

    看護部の理念

私たちは慈しみの心をもって、患者一人ひとりに向き合い、その人の生活の質向上を目指した看護を実践します。

日立おおみか病院の職員皆が「他への思いやり、慈しみの心」を常に根底に持ち、人々の生命を尊重し尊厳と権利を守ります。すなわち、私たちは患者一人一人にきちんと向き合い、その患者にとってのQuality of Life の向上をめざし患者・家族と医療者双方が最も良いと思われる看護を実践していきます。

行動指針

1.「患者さんのために」

「慈しみ」の心をもって患者さん一人ひとりに向き合い、その人の生活の質の向上を目指した最善の看護を実践します。

今後は患者参加型の医療と考えます。患者中心の看護とは「患者のためにベストである事」

そのためには、患者・家族の意見が反映され同意を得た看護の提供が必要です。私たちは患者とともに考え、提案もしつつ、患者・家族が主体的に選択することができるように努力します。

2.「職員は」

私たちは倫理を順守し、魅力ある職員であることを目指します。

地域密着型の連携病院として看護の質向上に努めます。そのためには自己研鑽を積み、私たち自身が自立・自律していくように努めます。「礼儀・接遇・マナー」を大切に魅力ある職員を目指します。

3.「日立おおみか病院のために」

病院職員として他の医療職者とパートナーシップをもって協働し、健全な病院経営に参画します。健全な病院運営に寄与し、他の医療職者と共に誠実に誠意をもって尽力します。

4.「地域社会のために」

社会のニーズに対応しながら病院・施設・診療所・自宅と連携し、「良いケア」を実践します。

 

看護体制

看護体制は、2交代制(日勤:8:45~17:45、夜勤:17:15~9:15)

看護方式は、固定チームナーシング受け持ち看護師制

患者のニーズを満たすために看護チームが協働し、24時間継続したケアの実践をめざします。主に看護計画は朝礼・カンファレンスにて情報供有し、受け持ち看護師を中心に看護計画立案・修正・情報の追加をして患者が入院生活に適応できるよう支援し、看護の質向上を目指しています。

看護単位 病棟1  外来・手術室

 

病棟紹介 内科・外科・整形外科の混合病棟で、急性期地域支援病院として在宅・施設等と連携を取っています。

内科では緩和ケアを中心に、腹水の除去濃縮再静注(KM-CART)を行って全身状態の改善に取り組んでいます。終末期の看護では患者・家族に寄り添い、ニーズを把握し日常生活が安楽で安寧に送れることを目指しています。

外科では下肢静脈瘤・痔核根治術の術前・術中・術後の看護及び生活指導を行っています。

整形外科では上下肢の骨折の整復術の管理と日常生活リハビリテーションを、理学療法士とともに心と体を支え、退院に向けて援助しています。

外来紹介 内視鏡外来では胃や結腸のカメラや3DCTによる検査を安心して受けていただけるよう、説明やケアを注意深く行います。

禁煙外来では禁煙指導を医師とともに行い、相談や禁煙継続への援助をします。

整形外科では骨折・脱臼・外傷等の処置や検査の介助と生活指導を行います。

外科では静脈瘤や痔核の術前・術後の説明や検査処置を、プライバシーを保護しながら分かり易い説明や援助をします。

巻爪の治療と足のケアも行っています。

手術室紹介 手術室は外来と病棟の専任スタッフにより術中看護を行っています。

医師と協力し「安心・安全な手術室」をめざし、確認作業の徹底を心掛けています。また、患者さんの緊張をほぐすために希望の音楽をおかけしています。

手術は下肢静脈瘤・痔核・骨折が中心です。

 

新採用看護師支援体制

新採用又は新人看護師が職場と看護業務に適応できるよう、1年間 先輩看護師がモデルをしながら相談に乗ります。教育はチーム全体で新採用者を育てる体制で、最初は先輩看護師と一緒に看護実践をします。技術チェックリストを基に自己評価を含めて確認します。

 

新人看護師紹介

昨年4月に看護大学を卒業し今年1月に入職しました。

日々の患者様やご家族とのかかわりの中で自分の未熟さを感じることもありますが、先輩看護師の方々の丁寧な指導によりとても充実した毎日を送っています。「患者様は何を思い、何を求められているのか」細かなところまで汲み取り、患者・家族を笑顔にできるような看護師になりたいと考えています。そのためには知識・技術を磨き、日々努力して 人として看護師として成長できるように励んでいきたいと思います。

 

 

 

 

職員募集 「ライフワークとして働き続けられる職場です。」

病院見学やインターンシップをご希望の方は

①氏名②出身校③希望日④連絡先をメールで頂くか電話でお問い合わせください。

勤務時間や条件は相談に応じます。