地域包括ケア病床とは

入院治療後、症状が安定した患者様に対して、在宅復帰支援計画に基づき主治医・看護師・リハビリテーションスタッフ・医療ソーシャルワーカー等が協力して、患者様の在宅復帰に向けた相談、準備を行います。簡単に言うと『退院の準備をする病床』です。

また、急性期の治療が終了し、すぐに在宅や施設へ移行するのには不安がある患者様や、準備が必要な患者様が対象になります。具体的には、

1.当院にてもう少し経過観察が必要な方

2.在宅復帰へ向けて積極的なリハビリが必要な方

3.在宅での療養準備が必要な方

なお、ご入院の対象となる患者様の入院期間は60日が限度です。

地域包括ケア病床へご入院していただく場合、主治医が判断し患者様やご家族様にご提案させていただきます。

詳細は、主治医または地域連携室へご相談ください。